更新日:

即日融資OKの消費者金融・キャッシング

おすすめのカードローン!

即日融資希望なら特定の銀行口座が無くても即日OKのノンバンク系がおすすめです。
⇒ プロミスの公式サイトはこちら
※ 即日融資が可能な条件を必ずご確認ください。

当サイトでは即日融資可能なキャッシングをご紹介しています。

アルバイトなどをしていて安定した収入があればパートや学生の方でも申込みができますが、即日でお金を借りるには申込む時間と曜日によって異なります
銀行の当日振込みがだいたい14時頃までとなっているため、平日14時以降や土日祝日に即日融資を希望する場合はそれぞれ申込み方法を確認しておくと安心です。

身分証明書と収入証明書の提出が必要になりますが、一定額以下の借り入れなら収入証明書は原則不要になっています。

即日融資完全ガイド:即日融資の申込み・審査・借入までのすべてをこちらで説明しています。



1位プロミス フリーキャッシング

  • 最短1時間融資・最短即日融資も可能
  • 30日間無利息サービス
  • 平日14時までにWEB契約完了
プロミス

 プロミスの即日融資

Web契約なら、最短1時間融資・最短即日融資も可能です。平日14時までにWEB契約を完了させる必要がありますが、必要書類もメール提出できるので、どこからでも申込ができて便利です。
本人が安定した収入を得ている方であれば申込み可能

平日14時を過ぎたら?土日祝日の場合は?

14時を過ぎてからも土日祝日でも即日融資できます!
ただ、来店不要とはいかず最後にカードだけを取りに行くことになります。

インターネットで申込完了 ⇒ 審査合格 ⇒ プロミス自動契約機でカード発行

自動契約機で申込もできるのですが、審査結果がでるまでその場でずっと待つことになります。審査が合格してから自動契約機へ行けば、知り合いに出会う可能性も低くて長い時間待つこともなくスムーズにカードが受け取れます。

 無利息サービス

プロミスの“30日間無利息サービス”は、はじめてプロミスを利用される方で、メールアドレス登録とWeb明細を利用される方が対象となります。 収入証明書は原則:50万円以下は不要です。

  • 限度額 : 500万円
  • 金 利 : 年4.5%~17.8%
プロミス


2位アコム

  • 最短即日融資OK
  • 最大30日間金利0円!
  • 平日14時までに書類提出
アコム

 アコムの即日融資

インターネットから申し込みをすれば来店不要で契約まで完了できます。もちろん、必要書類の提出もアプリやアップロードでOK!本人に安定した収入があれば申込OK。

審査は、最短30分というスピード回答!アコムでの利用を急いでいる方には、最短即日振込OKです。

即日振込は平のみ。
書類を提出後14時までにアコムが確認
できることが即日振込の条件になります。

必要書類
  • 運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
  • 収入証明書は原則:50万円以下は不要です。

他社を含める借入総額が100万円を超える場合やアコムからの借入が50万円を超える借入の場合は収入証明書が必要です。詳細はホームページでご確認下さい。

 金利0円サービス

最大30日間金利0(ゼロ)円サービスは、契約日の翌日~30日間の利用は金利なしでキャッシングできます。アコムでの契約が初めての方で、返済期日『35日ごと』で契約をされた方が対象です。

  • 限度額 : 800万円
  • 金 利 : 年3.0%~18.0%
アコム


3位モビット

  • 最短即日融資OK
  • WEB完結申込で電話連絡なし
  • 平日14:50までに振込手続完了
モビット

 モビットの即日融資

モビットの即日融資は、インターネットで申込み後、フリーダイヤルへ電話をします。平日14:50までに振込手続完了が必須。審査結果は最短30分ですが、ゆとりを持ってなるべく早目の申込がおすすめです。
(申込状況(曜日・時間帯)によっては翌日以降の取扱となる場合あり)

 電話連絡がない!

WEB完結申込なら電話連絡がないため利用までがよりスピーディです。ただ申込には、社会保険証や指定口座などの条件を満たす必要があります。
収入証明書の提出は必要です。

  • 限度額 : 800万円
  • 金 利 : 年3.0%~18.0%
モビット


4位みずほ銀行カードローン

  • 最短即日審査可能
  • WEB完結なら最短即日利用可能
  • 200万円まで収入証明書不要
みずほ銀行カードローン

口座所有でWEB完結申込み

みずほ銀行のカードローンはみずほ銀行の口座を持っている方が対象のWEB完結申込があります。WEB完結申込のメリットは最短で即日融資が可能な点です。

しかも、みずほダイレクト利用者または申込時に通帳を手元に用意できる方は、利用限度額が200万円以下なら本人確認書類も不要

 総量規制対象外

キャッシュカードでカードローン利用ができますし、銀行なので総量規制対象外となっています。

収入証明書は原則:希望の利用限度額200万円以下は不要です。安定した収入がある方が申込対象者となりますが、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も申込可能です。

 2つのプラン

金利が違う2つのプラン[エグゼクティブプラン]と[コンフォートプラン]があります。※審査により決定されます。

  • 限度額 : 最大1,000万円
  • 金 利 [エグゼクティブプラン] : 年3.0%※~7.0%
  • 金 利 [コンフォートプラン] : 年3.5%※~14.0%
  • ※住宅ローン利用時の-0.5%優遇適用後の金利です。
みずほ銀行カードローン





ここがポイント!即日融資の完全ガイド!

即融資を受けるためには当然ながら即日に審査を通過する必要があります。そのためのノウハウをご紹介します。

 即日融資に必要なもの

今日申込んで今日融資を受けたい!即日融資を希望する理由は突然お金が必要になるからです。そんな時に収入証明書が必要!と言われてもすぐに用意できないのではないでしょうか。必要書類として、アコムやプロミスなどの消費者金融の場合は、50万円を超える貸付または他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は収入証明書類を提出しなければなりません。

すぐに収入証明書類を用意できず即日融資がしたいのであれば、収入証明書類を提出しなくてもいい方法を選べばいいのです。

消費者金融で収入証明書の提出をせずにお金を借りるなら、50万円までの借入希望としてください。そうすれば、収入証明書類を提出せずに即日融資ができる可能性があります。(ただ、審査次第では収入証明書類の提出を求められることもあります)

    【申込みに必要な本人確認書類(コピー)】
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート・・・顔写真と住所記載のページ

上記のような申込者本人の氏名/生年月日/現住所がわかる書類(有効期限内のもの)を提出することになります。
運転免許証に限らず、住所変更などの変更事項が記載されていればその部分も必要です。その他、現住所と本人確認書類の住所が異なる時は、公共料金、国税、地方税の請求書や領収書、住民票の写しといった現住所が分かる書類を合わせて提出となります。

    【収入証明書類(コピー)】
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 課税証明書・通知書
  • 所得証明書・通知書・・・など

上記のような所得、収入を証明出来る書類。給与明細書は、本人の氏名/発行年月/勤務先名(発行元)/月収・総支給額の記載が必要となり、担当者印だけの手書きの給与明細書なら勤務先の社判または社印が必須となります。

総量規制について

“年収などの1/3を超える借入れを制限する”という貸金業法の規制があります。これは、プロミスやアコムのような貸金業社(消費者金融)での借入についてのことなので、銀行での借入(住宅ローンや不動産担保のローン、他の除外・例外を除く)は総量規制対象外となります。

貸金業者は50万円を超える貸付または他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出を求めることになっています。このほか、個人信用情報機関というところで他社からの借入残高を調べています。


 申込みできるのはどんな人?

やはり本人に収入のある人です。安定収入がなければ審査に通りません。特に雇用形態にはこだわっていないため、正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイト、パートといった安定した収入があればいいので、主婦も学生も申込めます。

ただ、本人に収入のない専業主婦の場合は、アコムやプロミスといった消費者金融では申込対象外となっていますが、楽天銀行のカードローンなら専業主婦の申込が可能です。みずほ銀行は配偶者の安定収入など条件をクリアすると専業主婦も申し込み可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

 申込前にかんたんチェック!

アコムやプロミスでは“3秒診断”ボタンから借入が可能かどうかを簡単にチェックできます。融資可能と診断されれば審査に通る可能性も高いので、即日融資を狙うのなら、50万円までの借入金額で申込みをしてみてください。(モビットの場合は、カンタン診断がなくそのまま申込みへと進みます)

 即日で審査を突破するための秘訣

審査に通るにはどうしたらいいのか?・・・申込みの段階ではもうどうしようもない。 そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、申込時点でも審査が通り即日融資を成功させる秘訣があります!
それは、提出書類のミスをなくすこと!!

即日融資ではスピードが命です。提出した書類にミスがあるとそれだけで審査が滞ってしまったり、最悪、審査に落ちることもあるようです。そうなれば、即日融資どころの話ではなくなってしまいます。

    【即日融資を成功させる秘訣】
  • 記入事項のミスをなくす
  • 嘘の内容にしない
  • 希望額を50万円までにしておく
  • 提出書類画像を綺麗に撮影する
  • 提出書類画像の送信先を間違えない
  • 審査回答メールを受信できる設定にする

 審査の内容とは?

審査の内容を詳しく説明しています。ただ、過去の借入・返済についての履歴や現在の職業などは、今すぐに変えることができないので読み飛ばしていただいても構いません。即日融資を受けるための手続きについては、こちらをご覧ください。

個人信用情報

ローンやクレジットカードの申込や契約についての情報を個人信用情報といいます。信用情報は、その人をどのくらい信用できるかを判断し、審査の結果を左右するだけでなくカードローンなら限度額を決める材料となります。 過去の信用情報は客観的な取引事実として3つの信用情報機関に登録されています。

  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター

登録されている内容はそれぞれが一定期間登録されますが、その期間を過ぎると削除されることになっています。例えば、申込みに関する情報なら申込日から6か月間はその記録が消えません。

  • 申込情報
  • 契約内容
  • 返済状況
  • 取引事実
  • 貸金業協会依頼情報
  • 電話帳掲載情報
  • 不渡情報
  • 官報情報

3つの情報機関によって登録されている内容項目はことなりますが、本人の識別/申込/契約/借入/返済などはどの機関にも登録されています。

総量規制により年収などの1/3を超えた借入が制限されているため、新規の申込があると必ず信用情報機関へ登録内容を確認することになっています。 申込があるとその事実は残るため、『最近数社に申込みをした』などの事実が判明して審査に影響がでるかもしれません。

スコアリング

スコアリングシステムにより属性を点数化します。属性とは、年齢、性別、勤務先などを差します。それぞれの属性に決まった点数がありその点数を独自審査の材料としているようです。

  • 年齢
  • 職業・勤務先
  • 勤続年数・年収
  • 既婚・独身
  • 借入状況・・・など

年齢が申込条件範囲内かどうかも重要ですが、スコアリングとしては借入需要との関わりも対象となるでしょう。職業については、公務員や大手企業にお勤めの場合は安定継続収入という点でスコアリングの評価が高いといえます。勤続年数に至ってはやはり長いのかどうかがポイント。年収が高くても勤続年数が短いと高い評価が得られるとは限りませんし、独身よりも既婚者の方が評価が高いといいます。

要は、その人の属性から出る得点により、夜逃げなどせずにきちんと返済する能力が高いかどうかをより確実に判断できるようになっています。


⇒ プロミスの公式サイトはこちら
⇒ アコムの公式サイトはこちら
⇒ モビットの公式サイトはこちら



即日振込・即日出金の手続き

カードローンの申込みは電話や窓口、自動契約機で申込から契約まで行うことも可能ですが、インターネットで申込むといつでもどこにいても好きなタイミングでできるのです!

特に即日融資の場合は、申込みをできる限り早い時間に済ませることが大切。スマートフォンでもケータイでもインターネットが利用できれば申込みも短時間で済ませることができるので、より即日融資の可能性が高まります。

 平日の申込み

平日の即日融資は、契約までを完了させるとそのまま指定口座へ振込んでもらうこともできますし、カードローンのカードを使って自分で出金することも可能です。

即日振込の場合、銀行が当日振込できる時間内に手続きを完了する必要があるので、カードローンの申込みから審査や契約もその前に完了させることが必要となります。

即日融資は各カードローンによって条件が違ってきます。例えば、プロミスならWEB契約を14時までに完了させなければならないという条件があります。(申込み⇒審査⇒契約完了までを14時までに終える)

各カードローンの即日融資を受けるための条件はこちらで説明しています。

 平日の夕方や土日祝日の申込み

即日振込が可能な時間を過ぎてしまった場合でも即日融資はできるので安心してください。もちろん、土日祝日でも大丈夫です。

振込手続可能な時間を過ぎた場合は、即日振込ではなく、即日出金となるためカードローンのカードを手に入れる必要があります。通常、カードは契約後にあとから郵送されてきますが、即日融資の場合は郵送ではなく、直接自分で受け取りに行けばすぐに出金ができるのです。

インターネットで申込完了 ⇒ 審査合格 ⇒ 自動契約機でカード発行 という手順だと、時間をムダにすることなくスムーズに即日融資を受けることができます。

平日の夕方や土日祝日に即日融資を受けるための方法はこちらで説明しています。






事業者向け 消費者金融以外の即日融資

法人の代表者や個人事業主にとって、資金繰りは切っても切り離せない問題です。とはいえ、実際に融資を受けるまでには時間も手間もかかってしまいます。そこでここでは、比較的時間も手間もかからずに法人の代表者や個人事業主でも融資を受けられる方法をいくつか紹介します。

当座貸越

審査などで時間がかかってしまうと、迅速な融資は望むべくもありません。今ある手駒で何とか融資にこぎつけられないかと考えたとき、当座貸越は個人事業主にとって非常に大きな武器となります。

当座貸越とは

銀行などの金融機関で総合口座を開設している状態で、法人や個人事業主が定期預金を組みます。すると、定期預金の金額の一定の範囲内でお金を借りることができる、これを「当座貸越」といいます。言い換えれば、定期預金を担保にしてお金を借りているようなものですね。

総合口座という言葉にあまりなじみがない人も多いでしょうが、お手持ちの預金通帳に普通預金のページとは別に、定期預金のページがありませんか?そういった通帳になっている口座は「総合口座」の通帳です。当座貸越を利用できるのは総合口座を開設している場合のみですので注意しましょう。

というのも、当座貸越の担保は実質定期預金となりますが、実際に融資を実行するのは定期預金の口座ではなく普通預金の口座だからです。しかも、普通預金と定期預金が紐づけになっている総合口座でないと、定期預金を担保にして普通預金を使って当座貸越がしにくい事情もあります。

融資までの日数

当座貸越は総合口座を持っていて当座貸越が可能な状態になっていれば、即日融資が可能です。消費者金融の即日融資は最短1時間ですが、当座貸越の即日融資はキャッシュカードでATMから引き出せばその瞬間に借入が完了するので、最短0分(!)の即日融資となります。

当座貸越では普通預金の残高がマイナスになる

当座貸越を利用する際には、特別な手続きが必要ないのも大きなメリットですが、当座貸越を利用すると普通預金の残高がマイナスになる可能性が高いです。普通預金の口座に十分なお金があれば、当座貸越を利用する必要はありませんので。

定期預金の「一定割合」を当座貸越できると前述しましたが、その割合は金融機関によって異なります。例えば、定期預金が100万円貯まっており、当座貸越の割合が70%と定められている場合、当座貸越で借りられる上限は70万円となります。

定期を解約した方がいいのでは?

当座貸越とはいえ、普通預金の口座残高がマイナスになるのはあまりいい気がしませんし、信用にもかかわる問題です。借金をするくらいならば定期預金を解約して、解約したお金を使った方がいいのではとも考えられます。

当座貸越を利用するか、定期預金を解約するかは必要とする金額と返済までにかかる期間を勘案した方がいいでしょう。さほど借りる金額が多くないのであれば、返済期間も短いことが予想されますので、当座貸越を利用した方がいいでしょう。いくら当座貸越の金利が定期預金の金利より高いとはいえ、わずかな金額かつわずかな期間であれば、当座貸越の利息もさほど多くはありません。

一方で、多額の借入を行なってしかも返済期間が長く続くようですと、当座貸越を利用するのは待った方がいいかもしれません。当座貸越の借入による金利が膨らむ事態が考えられる場合、定期預金を解約した方がダメージを最小限に食い止められるからです。

契約者貸付

急にお金が必要になった時、定期預金があれば当座貸越も利用できるでしょうが、定期預金すらない、あるいは少ないとなれば当座貸越はなかなか利用できません。資金繰りに困ってしまう個人事業主の方が現在保有している金融資産の中で、有効活用できるものを見たとき、「生命保険」があります。

契約者貸付とは

契約者貸付とは、契約している生命保険の解約返戻金を担保にして保険会社からお金を借りることを言います。生命保険には毎月掛け金を支払っていますが、万が一の補償はもちろん、お金の融資までしてくれるのは少々意外ですよね。

融資までの日数

契約者貸付の融資までの日数は契約している保険会社によって様々です。例えば第一生命は平日であれば手続きを14:30までに完了すれば当日送金をしてもらえる場合があり即日融資が可能になります。

住友生命も当日中の融資が可能ですが、AIG富士生命などは即日振込には対応しておらず最速で翌日の入金となります。書類の提出が必要な保険会社の場合は1週間程度かかります。

契約者貸付でいくら借りられるのか

個人事業主の方などが気になるのが、「契約者貸付でいくら借りられるのか」ではないでしょうか。契約者貸付の制度を利用して借りられる金額の上限は、保険会社や保険の種類によって異なりますが、通常は解約返戻金の70%から80%程度となっています。

契約者貸付でお金を借りると、借りたお金以外に利息も支払わなければなりませんが、その金利がいくらくらいになるのかも気になります。こちらも保険会社や保険の種類によっても異なりますが、通常は生命保険の利回りに1%から2%程度を上乗せした数字を、契約者貸付の金利としています。詳細は保険証券に記載されています。

例えば100万円を1年間借りたい場合、生命保険の予定運用利回りが2%で契約者貸付はプラス1.5%とする場合、契約者貸付の実際の金利は年3.5%となり、1年後には103万円を返済する必要性が出てきます。

契約者貸付のメリット

契約者貸付を利用すると、カードローンよりも低金利でお金を借りることができます。低金利で有名な銀行のカードローンでも、100万円借りるのに金利が年10%以上はします。一方で契約者貸付を利用すれば、年3%から4%の金利で融資を受けることができます。この数字は、銀行のカードローンならば下限金利に匹敵する数字です。

また、契約者貸付を利用すると、返済方法が柔軟になります。銀行のカードローンでお金を借りる際には、毎月一定金額を返済しなければならず、それを守らないとブラックリスト入りしてしまいます。契約者貸付は特に決まった返済方法がなく、「ボーナス払い」など家庭のお財布の具合と相談しながら返済計画を立てることができます。

ちなみに契約者貸付の返済方法ですが、インターネットの他にも、ATMや窓口への持参などの方法があります。

契約者貸付の流れ

実際に契約者貸付を利用したい場合には、以下のような流れになります。

  1. 準備:契約している生命保険の「証券記号番号」を確認します
  2. 連絡:保険会社に契約者貸付を利用したい旨を連絡します
  3. 必要書類の記入:申込書が送られてきますので、そこに必要事項を記入の上、その他必要書類も準備します
  4. 提出:申込書や必要書類を保険会社に提出します
  5. 融資:おおむね申し込みから1週間程度で貸付金が振り込まれます

クレジットカードのキャッシング枠

法人の代表者や個人事業主の方も、クレジットカードくらいは持っているでしょう。クレジットカードにはショッピング機能以外にもキャッシング機能があり、それを使えば即日融資も可能です。

特別な手続きは必要ない

生命保険の契約者貸付を利用する際には、保険会社に申込をしたうえで1週間程度は待たなければならないことがあります。それでは運転資金やつなぎ資金に間に合わないという人にとって、クレジットカードのキャッシングは大きなメリットがあります。

すでにクレジットカードを持っていてキャッシング枠も設定されているのであれば、特別な手続きをすることなく、近くの銀行やコンビニエンスストアのATMを使ってお金を借りられます。

融資までの日数

既にクレジットカードを所有してさえいれば、最短0分の即日融資が可能になります。一方新たにクレジットカードを作成するとなると、一般的には3営業日から1週間はかかります。さらに法人向けのクレジットカードですと提出の必要な書類が多くなり、申し込みまでに時間を要することがあります。「申し込みから借入まで」の日数の比較では、クレジットカードよりも消費者金融の方が即日融資に向いていると言えます。

海外でもお金を借りられる

しかも、日本のみならず海外でも現地通貨を借りることができるのは、他の銀行カードローンや制度にはない大きなメリットです。海外に出張に出ている際にすぐにでもお金を用立てる必要が出てきた場合、現地の銀行ATMからすぐにでもお金が借りられます。一部カードを除いては、特別な手続きは必要ありません。

金利が高く限度額も少ない

ただし、格段の利便性を誇るクレジットカードのキャッシングだからこそ、利便性と引き換えに金利や限度額の上では条件は良くありません。カードによって異なりますが、おおむね金利は貸金業法で認められている上限の年18%に近い金利が設定されています。10万円借りたら、1年後には18000円の利息がついている計算です。

また、限度額もあまり多くなく、銀行のカードローンでは最高で500万円や800万円、1000万円借りられる商品も珍しい中で、クレジットカードのキャッシング枠は10万円から30万円程度が主流です。銀行のカードローンではそれなりのしっかりした審査を行いますが、クレジットカードはそれほど厳格な審査を行いませんので、キャッシング枠を持ちやすい代わりにその金額はさほど多くないのです。

売掛債権のファクタリング

「売掛金」は厄介な問題

資金繰りは、どんな法人や個人事業主でも頭を悩ませる問題です。特に中小企業ではその問題が顕著であり、運転資金を確保するのも重要な仕事の一つです。

通常の商売では商品やサービスを提供すれば、それと引き換えに即座にお金が支払われます。しかし、取引先などがある企業同士の取引の場合、「売掛金」扱いとなる場合があります。売掛金とは、納品やサービスの提供は既に完了しているが、提供先よりまだ入金されていないお金のことです。「ツケ」のようなものですね。

売掛金が入らないと運転資金が捻出できないため、運転資金のために新たな借金をするといったことも考えられますが、「売掛債権ファクタリング」という仕組みがあるのです。

売掛債権のファクタリングに要する日数

ファクタリング会社次第で、即日融資が可能なファクタリング会社もあれば、数日要するところもあります。※ 後述するように年率の利息換算にすると消費者金融よりもずっと高い金利を払って借入をするようなものですので、「即日融資が可能」を売りにしているファクタリング会社があったとしても、まずは大手の消費者金融にあたり即日融資が可能かを確認すべきです。

「売掛債権ファクタリング」とは

「売掛債権ファクタリング」は、売掛金をファクタリング会社が買い取って前払いをする制度のことですが、ファクタリングでは融資を受ける企業、売掛金がある企業、ファクタリング会社など多くの利害関係者(会社)が関わってきます。

まず、融資を受ける企業に売掛金がある企業から注文があり、融資を受ける企業はその注文の品物もしくはサービスを提供します。普通、ここで売掛金が発生したら支払いはストップしてしまいますね。ファクタリングでは、融資を受ける企業が収納代行業者に対して、請求データを送って前払いの依頼をします。

依頼を受けた収納代行業者は売掛金がある企業に請求書を発送するとともに、ファクタリング会社に前払い依頼の取次ぎをしてもらいます。ファクタリング会社は入り掛け金がある企業が保有している売掛金の権利を買い取り、その対価として企業にお金を支払います。

売掛金のある企業から代金の支払いを受けた収納代行業者は、ファクタリング会社に前払いの精算を行い、生産後の差額を売掛金がある企業に返却します。これで一連の「売掛債権ファクタリング」は完了です。

売掛債権ファクタリングのメリット

追加の借金をしなくてもよい

これまでは、売掛金が入らないために追加の借金をする必要性がありましたが、売掛金を買い取ってくれて前払いをすることによって、運転資金が即座に確保できます。

売掛金がある企業に知られないのか?

先に説明した方法は取引先に知られずに売掛債権の買い取りをしてもらう方法ですが、ファクタリングは2者間ファクタリング、3者間ファクタリングなどがあり、取り引きスキームによっては取引先に情報が知られる場合と知られない場合があります。利用するファクタリング会社に十分に確認して利用することをおすすめします。

より資金繰りが苦しい企業でも利用可能

民事再生中の企業などは、普通の企業よりもより資金繰りが苦しいですが、銀行系の売掛金を担保にした融資では、売掛金の評価が決して高くはありません。年率換算すると消費者金融などのカードローンを利用して一時しのぎをした方が、多くの場合は支払利息が少なくなります。

まとめ

いかがでしょうか?法人の方も個人の方と同様に、あるいはそれ以上に資金繰りが大変なこともあるでしょう。銀行から融資を受けるのもいいですが、様々な貸付の制度を使えば、より柔軟に、よりスピーディーに、場合によっては即日で融資をうけることができます。

このページの先頭へ戻る





サブコンテンツ

消費者金融に見られるサービスの工夫 即日融資

消費者金融はお金を貸す会社です。他にも銀行やクレジットカード会社等もキャッシングサービスを提供しています。それぞれの違いを簡単に説明ます。銀行系の特徴は銀行が運営しているので信用度が他よりも高いです。しかし審査は厳しくなっています。借りられる額も大きく、金利は低いと言われています。クレジットカード会社は一般には信販系と呼ばれます。この信販系の特徴はクレジットカード発行時にキャッシング審査も完了している点です。キャッシングとはお金を借りることですが「キャッシング枠」と呼ばれる上限が決められた借金がクレジットカードではでき、お金を借りる際にいちいち審査をする必要がありません。銀行系も信販系もATMから利用は可能です。
消費者金融の特徴は何と言っても審査の早さが挙げられます。仮審査と本審査に分かれ「1秒審査」や「即日融資」と呼ばれるサービスがあるくらい審査が早いです。審査申し込みは携帯やパソコンからでもでき、必要事項記入後に送信して申し込み完了です。早くて数秒後に本審査通知が来ます。本審査の手続きも携帯やパソコンからできます。本人確認書類、例えば運転免許証のコピーなどはパソコンに取り込みメール送信ができます。その前後に電話確認がありますが数分程度の確認作業です。その後審査が完了して銀行振り込みや店頭でお金が受け取れます。このように消費者金融はインターネット利用などの工夫によって、より多くの人にサービスを利用してもらう工夫をしています。



急な出費に即日融資可能な消費者金融

万が一、急な出費が必要になったとき、みなさまはどこでお金を借りますか。親や兄弟、友人など、近くには様々な方がいますが、身近な方からお金を借りることは今後の人間関係にも響いてくる可能性があるため、できれば避けたいものです。ではどこから借入してくるのか、と聞かれたら悩んでしまうのではないでしょうか。そんなときは低金利の消費者金融から借り入れをしてみてはどうでしょうか。取立てが怖いからイヤだ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし銀行関連の消費者金融は比較的低金利で借入ができるので、きちんと返済をする能力があれば、たいへん便利な借入システムなのです。使い方次第では、身近な方よりも頼りになることは間違いないでしょう。
従来では消費者金融の店舗まで出向き、申し込みや審査を経てからお金を借りるというパターンが主でした。また無人契約機というシステムが登場し、対人とのやりとりが無いままお金を借りることができるようになりました。しかし近年では更に進化し、インターネットからの借入がメインとなりつつあります。自宅のネットから申し込みができ、審査までできるようになりました。審査が通れば自分の口座に入金がされるので、カンタンに借入ができるのです。最近話題になっているのは審査のスピードです。速いところだと数十秒というスピードで審査が完了するため、融資までの時間も短縮されます。そのため即日融資も可能なので、急な出費などにはたいへん便利なシステムとして、幅広く利用されているのです。



消費者金融の役割

私は以前、消費者金融に勤めていたことがあります。実際入社するまでは、消費者金融という業界がどのようなものなのか、はっきりとは理解していませんでした。しかし、実際に勤めてみてよく分かりました。はっきり言って、とても立派な金融機関です。一般的なイメージとして、テレビドラマなどで放映されている映像などの影響も多いとは思いますが、どうしても高金利の金貸しといったイメージを持たれている方もまだまだたくさんいらっしゃると思います。実際、つい先日、近所の友達と以前の勤め先の話になり、私が話をすると、テレビで見るようなとりたてとか実際にしているのか、といった質問をされました。もちろん否定しましたが、やはりそのようなイメージを持たれている方はいるのだなと思いました。もちろん、そういった督促はしませんし、至って普通の金融会社です。
消費者金融は、貸金業協会に加盟している立派な金融機関です。確かに、銀行などと比べると、金利は高いです。しかし、その分即日融資をすることができますし、急なお金を必要とするのであれば、少しの期間だけでも利用することができるので、そのような方には、とても便利な金融機関だと言えます。また、銀行や、一部を除いた信販会社が加盟している信用情報機関とは異なる機関に登録しているため、お客様について、お互いの借り入れ状況を見ることはできません。そのため、銀行で融資を断られた方でも、消費者金融では融資を受けることができるという場合もよくあります。実際勤めてみて、よく分かりましたが、利用している方は、想像以上にたくさんの方がいらっしゃいます。それほど利用されている金融機関です。





⇒ プロミスのお申し込みはこちら


このページの先頭へ